ゴルフスイング基本スイング理論

脅威のゴルフ上達法

「スイング理論の核心」を理解してしっかりと実践すれば、

年齢、性別、体力、センス、練習時間の無さなど、

その全てに関係無く効率良く上達する事は可能なのです。

| main | ゴルフスイングの基本スイング理論:あなたはゴルフの理論について次のように考えていませんか? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


・・・続きを読む

元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える、脅威のゴルフ上達法


ゴルフスイング基本スイング理論

ゴルフスイングの基本スイング理論:信じられないかも知れませんが、全くの実話です。

Sさん「どうも、お久しぶりです!」


わたし「あっ!お久しぶりです!」


Sさんにお会いしたのは数ヶ月振りでした。

以前は良く練習場でお会いしていたのですが、ある時期から
パッタリと会わなくなっていたのです。


わたし「本当に久しぶりですよね。違う練習場に行ってたんですか?」


Sさん「いや、練習のし過ぎで腰を痛めて…
     ヘルニアでゴルフが出来なかったんですよ。」


わたし「えっ!?
     そうなんですか…
     じゃあ、あまり無理は出来ないですね。」


確かにスイングを見てみると
テークバックの大きさは以前の70%位になってしまい、
ドライバー飛距離も大きく落ちていました。


Sさん「仕方ないですよね。ゴルフ出来るだけでも、十分ですよ…」


そう言いつつも、飛ばなくなってしまったドライバー飛距離に
Sさんはどこか悲しげでした。

Sさんは本当にゴルフ大好き人間だったので、無理も無いかもしれません。

私は、そんなSさんにまた以前の様にゴルフを楽しんでもらいたいと思い、
”ある上達法”をゆっくりと説明し始めました…


わたし「Sさん、また以前みたいに…
     いや、それ以上に飛ばしてみたいとは思いますか?」


Sさん「そりゃあ思うけど…テークバックも大きく取れないし、
     フルスイングも出来ない今の体じゃあ無理ですよ。」


わたし「いや、それでも可能です。むしろ、Sさんの場合だったら
     テークバックが大きく取れない方が都合良いんです。」


Sさん「えっ!?
     それはどんな方法なんですか!?」


わたし「良く聞いて下さいね。
     ゴルフのスイングって言うのは…」


私はSさんに”ある上達法”を説明し、実践していただいた所、
30分足らずのチェックで平均20ヤードアップし、
その後も上達法を実践し続けたSさんは
平均40ヤード以上の飛距離アップに成功しました。

腰を痛める前よりも飛距離アップしてしまい、
効果的な上達法を覚えたSさんは
その後は練習をすればするほど効率的に上達して行き、
周囲からはゴルフの上手い人と言われる様になり
一目置かれる存在となったのです…

・・・続きを読む

元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える、脅威のゴルフ上達法


ゴルフスイング基本スイング理論

スポンサーサイト


・・・続きを読む

元ゴルフ研修生のクラフトマンが教える、脅威のゴルフ上達法


ゴルフスイング基本スイング理論
sponsored links

others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM